犬との旅行プランナー

犬と一緒に旅に行くときのお手伝いをします

愛犬🐶と行く令和6年初詣準備の橿原神宮(令和5年12月2日)

犬との旅行プランナー🐶です。

犬と一緒に旅に行くときのお手伝いをします。奈良県橿原市在住で、普段、SNS奈良県内明日香村、橿原市桜井市、高取町などの愛犬と行ける史跡などを紹介しています。

近くに愛犬と行ったのに、見忘れた後悔を少なくなるようにをモットーに書いています。

今回は、2分以内で読むことができます。

令和5年12月2日(土)15時頃に、愛犬と奈良県橿原市にある橿原神宮にお詣りと令和6年初詣の準備風景を見てきましたので紹介します🐶 

参考として、令和5年度の橿原神宮初詣の日程が記載された記事を下記に掲載します。

季節の風景 令和4年12月11日愛犬と行く初詣準備が始まった橿原神宮 - 犬との旅行プランナー

なお、橿原神宮中境内は愛犬の抱っこのみ参拝が可能です。

また、橿原神宮周辺の犬のマナーは必須です。

1 おすすめ

(1)橿原神宮の年末年始の風物詩、大きな干支の絵馬が拝殿前に奉納されました。2024年の干支は、辰(たつ)。

大絵馬は高さ4.5メートル、幅5.4メートル。通常の絵馬の1600枚分です。

令和6年は十干では甲、十二支では辰にあたるため、甲辰(きのえたつ)の年。甲とは「甲乙丙丁~癸」の始まりであり、物事の始まり。辰は発芽した植物がしっかりとした形になる。この二つが合わさる甲辰は、新しいことを始めて成功する年と言われています。是非、橿原神宮にお参り後、新しいことを始めましょう。

(2)深田池

橿原神宮の南神門から出ると目の前に広がる池です。飛鳥時代推古天皇が築造した溜池との事です。

深田池の大きさは約4万9500㎡(約1万5000坪)。サーカーコート7面分の大きさです。夕暮れ、マガモがすいすい泳いでいる中、奥に見える大阪府奈良県の県境にある葛城山に沈む夕陽が湖面に反射し美しい風景が楽しめます。

2基本情報

(1)訪問月日 令和5年12月2日(土)15時00分頃

(2) 一行 犬(キャンディ)とお供2人

(3)乗り物 自動車1台

(4)車行程 

奈良県橿原市大和八木駅前広場スタート8時30分→国道24号→四条町交差点直進→県道161号→県道125号→橿原神宮駐車場右側にあり→橿原神宮駐車場500円→徒歩→🔴橿原神宮橿原神宮駐車場→帰路 

(5)徒歩行程

①北鳥居→②参道紅葉→③北神門→④外拝殿→⑤本殿→⑥南神門→⑦深田池周辺→⑧二の鳥居→⑨一の鳥居

凡例:🔴駐車場 🟢大絵馬 ⚫外拝殿 🟣北鳥居 🟦南神門 🟡深田池 🟠参道紅葉 🟥北神門 🟤社務所 🟨第二鳥居 🟩冬桜 

🟠橿原神宮基本情報

・住所 奈良県橿原市久米町934

・開門 6時30分 閉門17時00分

・御祈祷・その他受付 9時00分~16時00分

・駐車場 約800台 普通車500円

・概要

紀元前660年に、神武天皇橿原宮に即位しました。その後、橿原宮の跡地に、橿原神宮が創建されました。

・御祭神 神武天皇 媛蹈韛五十鈴媛皇后(ひめたたらいすずひめこうごう)

・御利益 開運厄除、五穀豊穣、商売繁盛

・ホームページ

橿原神宮 – 橿原神宮の公式ホームページです。橿原神宮は、奈良県橿原市にあり、御祭神として日本の初代天皇・神武天皇(じんむてんのう)と媛蹈鞴五十鈴媛皇后(ひめたたらいすずひめこうごう)をお祀りしております。ホームページでは、当宮の御由緒、歴史、祭事・行事、境内のみどころなどをご紹介しております。

3 内容

①北鳥居

参道を歩いて橿原神宮北神門へ向かいます。橿原神宮の鳥居は表参道に2基、北・西参道に各1基の計4基があり、お正月は例年、一方通行になり、北神門は出口になります。

北鳥居の脇のもみじが綺麗に色ずいていました。

北参道紅葉

北鳥居から北神門までを北参道と言い、橿原神宮に隣接する大和三山の一つ畝傍山の登山道入口も参道途中にあります。

新たに、砂利が追加されたため、愛犬も歩きにくそう!お正月は、屋台が並ぶところです。

ここの紅葉は、昨年は12月中旬まで鮮やかな色どりでいた。

橿原神宮内おすすめの紅葉の場所です。

③北神門

この北神門から中の境内を中境内といい、現在、愛犬を抱っこしてのみ入ることができます。

中境内外拝殿

昭和14年に建造された建物。

例年、今の時期から年賀状の撮影で多くの人が並びます。来年は、辰年

昭和35年(1960年)に今上陛下の御生誕を奉祝したことから例年、干支の絵馬が奉祝され65年目。

橿原神宮では七五三参りも行われており、12月3日まで御祈祷がありました。

橿原神宮のマスコットやたちゃんとカーコちゃん。

社務所には令和6年のお正月用の幸せの矢や。辰の絵馬なども授与されます。

⑤本殿

本殿は御祭神の神武天皇と媛蹈韛五十鈴媛皇后が鎮座する神殿。京都御所の内侍所が橿原神宮創建の際、移設されたもので重要文化財。例年、お正月は、内拝殿前まで入ることができます。

⑥南神門

表参道から本殿へ入る場合の門。この中からは中境内になるため愛犬は抱っこになります。

⑦深田池周辺

南神門の前に深田池が広がります。深田池周辺は奈良県有数の野鳥の飛来地。また、野鳥の巣もあり、夕方になると深田池に向かって橿原市、明日香村、桜井市など周辺から野鳥が深田池に向かって飛んでいく姿が見れます。深田池の周りは周遊路になっており散歩することができます。

マガモが岸に直線になって並んでおり、一羽ずつ池の中央に向け泳いでいます。

深田池の傍に例年咲く冬桜!寒い冬の季節、小さな花が可憐に咲く風景は必見!

⑧二の鳥居

表参道を橿原神宮側から撮影。正面は第二鳥居。高さ10.51m、幅約8.1m。第二鳥居の奥に見えるのが第一鳥居。高さ9.77m、幅約7.5m。なお、参道の途中から右に行くと、長寿、縁結びの御利益や久米仙人で有名な久米寺がありますので是非、お参りをお薦めします。

参道の途中から左に抜けると写真の奥に見える駐車場になっており、駐車場の脇は大きな広場(森林遊苑)で、普段は親子連れが遊んだり、愛犬の散歩、ジョギングなどをする憩いの場所です。また、多くの木々があるため森林浴にも最適です。

4 その他

もう直ぐ、クリスマス。愛犬へのクリスマスプレゼントを楽しみましょう。

裏起毛ふわふわドックウェアコート!

外出先でこんなオシャレなドレスを着さしてみませんか!

 

  (宣伝) 愛犬の思い出作りに是非、愛犬と奈良県へ初詣を今から計画を!

にほんブログ村 犬ブログ 犬 お出かけ・お散歩へ
にほんブログ村


犬の散歩・お出かけランキング

以上で「愛犬🐶と行く令和6年初詣準備の橿原神宮(令和5年12月2日)」を終わります。